赤ちゃんだって一緒に居たい! – 「baoneo ベビー用 ハイチェア」 レヴュー

お久しぶりですどうも、ディヴァさんです。
梅雨時期になると暑い日、寒い日があったりで体調管理が結構難しいですね。
皆さん風邪などひかないようご注意ください。
前回の投稿から3ヶ月も経過しましたねぇ。
私事ながら、色々と仕事だの家の事だの育児だのとやっていると、ブログを書く気力・体力を持ってかれてしまいますなぁ。
期待のルーキーである赤ちゃんはもうすぐで生後半年になるのですが順調に成長しておりますよ。
だいぶ「ダァダァ!」と独り言を言ったりしてて言葉の片鱗を覗かせております。
さて、そんな成長の真っ只中、食事のタイミングなんかが赤ちゃんと親でバラバラになったりしちゃいます。
親の食事中はバウンサーやベビーベッドにて赤ちゃんが一人になるのですが、やはりグズったりしますねぇ。
てなわけで今回は食事中も一緒に居ることで安心感を与えられる便利アイテムを今回購入してみましたよ。
それが今回の「baoneo ベビー用 ハイチェア」です。

うちでは赤ちゃんが誕生してからベビーグッズをよく購入しなくちゃいけません。
おむつなんかはお急ぎ便じゃないと買い忘れた時などに不便極まりないです。
なので、私は既にAmazon Prime会員なんですけども、そのおかげもあってかアマゾンでの注文からわずか3日で発送元の中国より到着しました。
箱は結構傷んでたんですけども中身は大丈夫でしたよ。
20180610_01
スペックはこんな感じ。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ Amazonより抜粋 /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
[本体サイズ]:【開いた時】幅:49 × 奥行き:85 × 高さ:100 cm / 【閉じた時】幅:49 × 奥行き:23 × 高さ:105 cm
[重量]:8.5KG 組み立て不要
[素材]:ステンレススチール PU革 ABS樹脂 PU革カバーはカンタン取り外しできるので、常に清潔を保てる
[対象年齢]:6~36ヶ月 耐荷重:15KG
[製造国]:中華人民共和国
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
でもって中身はこんな感じ。
20180610_02
組み立ては女性でも数分で完了できます。
あっそうそう、プレゼントで4段のミルカー(粉ミルク入れ)とシートカバーだと思うものを貰っちゃいましたよ。
20180610_03
ミルカーはこんな感じ。
20180610_04
最初はビブ(よだれかけ)と思ったんですがどうやらシートカバーと思うものは設置するとこんな感じ。
20180610_05
では本命のハイチェアを見ていきたいと思います。
ソフトPUは肌さわりが良く、ちょっとした汚れはさっとひと拭き。
大きく汚したらカバーを取り外して洗えます。
5段階のリクライニングチェアは背面のボタンを押す引くことで110度~150度で調節できます。。
7段階の高さ調節は両サイドに有るトリガーを引けば、
床から座面までの実寸で 65cm~32cmとなり、一般的な70cm前後のテーブルで問題ありません。
5ポイントシートベルトは上2本が上下に入れ替えることが出来ます。
また、滑り止めポールは成長具合に応じて着脱可能です。
フットペダルは両サイドのボタンを押せば0度、45度、90度で調節できます。
着脱可能なテーブルは裏面にあるレバーを引くことでロックがハズレ、23cm、27cm、31cmと3段階でスライド調節できます。
食事用プレートを外せばサッと洗浄することが出来、おもちゃ遊び用のプレイプレートとなります。
また、テーブルを使用しないときは後ろに収納できます。
ハイチェアを収納するときは両サイドのボタンを押しながら折りたたむわけですが、背面側から行うと指を挟んじゃいます。
私も2度やらかしました、\(^o^)/
ですので、もし一人で折りたたむ際は正面から必ず行いましょう。
所々プラスチック部分にバリが出てるのでそれを処理しないといけませんのでご使用前に一通りチェックしたほうがいいですよ。
てな感じで一通り見ていったわけですが、メイドインチャイナなんですけども値段のわりにしっかりしてますよ。
Amazonや特に楽天なんかでは木製のハイチェアがよくあるんですが、クッションがないので長時間座る場合はお尻が痛くなりそうです。
また、暴れる赤ん坊に木製フレームがゴンゴンぶつからないよう注意しないといけませんよねぇ。
今回購入のハイチェアの場合、赤ちゃんの体重だと十分クッション性を感じることが出来てドッシリ座れ、シートベルトもあるので安心感があります。
寝落ちしそうならそのままリクライニングにすればいいですしねぇ、(‘e’)b
赤ちゃんと一緒の目線で御飯を食べることで情緒安定にも繋がるんじゃないのかなぁと思います。

ウォーキングコース上の火事

はい、ディヴァイドです。
近所で火事です。
民家が燃えたわけではありません。
ですが、ウォーキングコース上のホームレスの方の家が燃えてました。

何気に4K動画で初めてのアップです
皆さん火の元にはご用心を・・・。

製品選びはある意味ギャンブル? – 「Google Home 4K Startup TV」 レヴュー

はいどうも、ディヴァさんです。
突然のちょっとしたご報告ですが、この間の1月14日、
日曜日に無事に赤ちゃんが退院致しました。
その日以降は時間帯関係なく約3時間おきにミルク、うんこ、睡眠のサイクルが続いており、
私達夫婦の生活もそれを基準にしたものとなってきておりますね。
寝不足で大変だったりしますけども赤ちゃんの顔を見ると疲れも吹っ飛びます。
さて、そんな中、今まで撮りためた4K動画を活かすアイテムを今回は購入してみましたよ。
今回お送りするのはヨドバシにて販売されておりますユニテク製 「Google Home 4K Startup TV」です。
20180118_01
悪くいうと抱き合わせ販売になりますけども、今回の製品には、
ユニテクという会社が開発した55インチローコスト4KTV「LCK5502V」、
Googkeより販売されております「Google Home mini」、「Chromecast Ultra」の3種がセットになっております。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Google Chromecast Ultra GA3A00416A16
価格:9720円(税込、送料無料) (2018/1/28時点)

まずはLCK5502Vを見ていきたいと思います。
20180118_02
悪いことは言わない、なるべく二人以上で設置しましょう!
仕様はこんな感じです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_ビックカメラより抜粋/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
仕様詳細
商品名 55V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 4K対応液晶テレビ LCK5502V(別売USB HDD録画対応)
型番 LCK5502V
メーカー ユニテク
JANコード 4560386030986
商品コード 4120401
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー保証年数 1年
スペック詳細
仕様 ■サイズ:幅1253.5×奥行304.8×高さ791.2mm
■重量:約13.7kg
■定格消費電力:150W
■待機時消費電力:0.5W
■年間消費電力:146.9Kwh/年
■音声出力:10W+10W
■チューナー:地上・BS・110度CSチューナー×2
■受信チャンネル:地上デジタルUHF・CATVパススルー対応・BSデジタル・110度CSデジタル
■入力・出力端子:AV入力×1、外付けHDD用USB×1、HDMI×3(HDMI 1:ARC対応、HDMI 3:4K/DVI対応)、
  音声出力端子(ステレオミニジャック、光デジタル音声出力)、LAN端子
■外付けHDD対応(最大2TB)
■付属品:スタンド×2 ネジ×4 リモコン×1 単4乾電池×2 miniB-CASカード×1 取扱説明書×1
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
セットでの税込価格75,384円から消費税、「Google Home mini」約6,000円、
「Chromecast Ultra」約9,000円を差し引くと、1インチ単価は1000円ちょっと程度となります。
これは「LCK5502V」単体での税込販売価格64,584円よりも安くなります。
最近流行りのローコスト4kTVですが、ドンキ、ノジマ、ゲオ(グリーンハウス)、コストコ(ハイセンス)、Mr,MAX等の
競合他社の中でも上位に食い込む安さですね。
性能は6社共大体似ておりますが若干機能に差があったりします。
保証期間は今回置いといて、私の主観も入ってるかもしれませんが、ざっと紹介してみると・・・
●ドンキはローコスト4kTVの魁としての知名度とレグザのDNAを組み込まれてたパイオニア
●ノジマは49インチと55インチでのラインナップ
●ゲオとセカンドストリートで販売されているグリーンハウス製4KTVはフレーム補完処理で滑らかな映像
●コストコで扱われてるハイセンスはHDMI2.0が3系統と豊富な入力端子とスマートTV機能
●Mr.MAXは業界最安値の実現
●ビックカメラ、コジマ、ソフマップで販売のユニテク製4KTV単体はインチ単価が最安値となる55インチ
・・・ってな感じでしょうかねぇ。
レビュー時点で4kチューナーが開発、販売されていない現状としては、
どれを選ぶかはもう好みぐらいの差でしょうかねぇ。
ちなみに私はビック4Kを購入する前フレーム補間に惹かれてゲオの4KTVを購入していたんですよねぇ。
20180118_03
ある意味ハズレてたらいい製品でした、( ゚д゚)
ただこの4kTV、5ちゃんねるのゲオTV板でよく話題になったのですが初期不具合が多すぎるのです。
リモコンの効きがすごく悪いのも目立ちますが、それ以上に私の4KTVも大当たりでした!
20180118_04
リモコンについては現在、無償バージョンアップ版を送付しています
波紋状の色ムラがすごいんですよねぇ。
20180118_05
これでも一面真っ白の画面を表示してるつもりなんですよ、∑(;谷)
これは製品のチェックを行っていないというのがよくわかります。
最初は良品と交換してもらおうと思っていたのですが、ビック4Kが出ると聞いたので返品してもらいましたとさ・・・。
話もどしましてこのユニテク4KTVはゲオ4KTVの後だったので
普通に視聴出来ることの当たり前さに安心感を覚えました。
20180118_06
実は今までTVが無い我が家なのですが、特にムラがなく大画面で地デジも言うほど汚く無いと思いました。
たまにアプコンアプコン言ってる方がいらっしゃいますが、離れてみるTVなので違いがわかりませんw
とまぁこの4KTVの個性を言うとするならば、「安定の55インチ4KTV」と言った感じかなぁ。
次に「Googke Home mini」ですが、昨今言われてるスマートスピーカーってやつですね。
スマホに「OK Google!」って操作をされた事がある方はだいたい予測が付くような機能のスピーカーです。
実際に出来る事を私なりに簡単にザッとまとめると・・・
●質問への返答や情報の通知
●ちょっとした会話
●スケジュール、タスク管理等
●スマート家電やアプリとの連携
●Chromecastとの連携(TVのオンオフ等)
・・・と言った感じでしょうかねぇ。
当然全能ではありませんので、スマホへ「OK Google!」の枠をちょっとだけ外れたぐらいって印象でしょうかねぇ。
言葉が悪いかもですが、合ってもなくてもいいアイテムと言うと・・・Googleに怒られそうですけども・・・∑(;谷)
私は音楽サービス「Spotify」と連携させてBGM垂れ流しって感じで使ってます。
最後に「Chromecast Ultra」です。
20180118_07
日本では3年半前ぐらいから初代が出ているもので、UltraはChromecast でも一番グレードが高いアイテムですね。
20180118_08
今回購入時は漠然と「あれこれができるんだろうなぁ・・・。」と思っていたものとは違うものでしたw
私の場合サーバーPCからFTP経由でメインPC上の「KODI」というアプリを動画を視聴してたりしています。
それまでのメインPCから4KTVへスイッチ出来ると思ってたら意外とできないw
どうやらAmazonのFireTVと違い、アプリがインストール出来ない仕様のようです。
じゃぁどうするのか?
基本的に「Chromecast」は「Cast」させるものだそうですね。
実際には、スマホ、PCなどにインストールされたCAST対応アプリから、
「動画をTVで表示」もしくは「動画をTVに送る」といった使い方とのことです。
この行動をまとめて、先程のCastというんだそうですね。
「動画をTVで表示」については、例えばスマホで見ているYouTube動画をTVで表示といったかんじ。
この時、スマホはChromecastへ動画のURLなどの情報を送信しChromecastはサーバーから
動画のデーターを直接受信し表示するという感じでしょうか。
この時スマホはリモコンとして扱いになるので、スマホに負担がかからずキレイな動画を視聴できます。
「この動画をTVに送る」については例えばPCのブラウザ「Google Chrome」からCastさせると
PCからミラーリング配信された動画やデスクトップ全体をTV側にも表示させます。
つまり同じ動画がPCとTVで表示されている状態ですね。
ただこの場合、メインPCを起動しておかないといけません。
また、Chromecast Ultraを有線LANで繋いだとしても、
一旦メインPCを経由しているためか動画の画質が若干劣化します。
うーん悩ましいw
いろいろ試したのですが、無劣化でサーバーPC→Chromecast Ultra→4KTVというわけには行かないようです。
打開策はサーバーPCをHDMIケーブルで4KTVと直接繋ぐとかでしょうかね。
そうなるとChromecast Ultraの存在意義ががががががw
後は、FireTVだとKODIをインストールできるのでサーバーPC→FireTV上の
KODIで視聴とできますけどねぇ、(゚∀゚) >(m)< ピコーン!! とまぁこんな感じの3アイテムですが、Chromecast Ultraの画質に拘らず使うぶんでは この3種は素晴らしいスペックを発揮してくれるものと思います。 YouTubeといったCast対応アプリとの親和性が高いのは当然ですので、今後そういったアプリが増えていけば 画質の劣化なく視聴でき、私の現状の問題点も解決していくのではないかと思います。
んまぁ、私としてはサーバーPC上の動画を無劣化でみたいので・・・FireTV買っちゃうかもですけどねぇ、\(^o^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 Google Chromecast Ultra GA3A00416A16
価格:9720円(税込、送料無料) (2018/1/28時点)

パサパサよりもネットリが好きです! – 「キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ用 焼きいも用石 3kgM-5532」 レヴュー

さぶいっすねぇ、ディヴァイドです。
皆さん冬で連想する言葉ってなにがありますか?
スキーだの、雪だの・・・色々ありまさぁねぇ。
私の場合は焼き芋です!
今回は以前から購入を狙っていたものを購入してみました。
いやぁ、そんな高くないんですけどねぇ。
それが今回の「キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ用 焼きいも用石 3kgM-5532」です。

20180107_01
20180107_02
20180107_03
小さな石がいっぱいですね。
黒い石の方が遠赤外線をだすからだそうです。
20180107_04
これで焼くと石焼き芋屋さんの石焼き芋が焼けるってやつですね。
その他、じゃがいもや栗、とうもろこしなどもやけますよ!らしいですな。
それでストーブやコンロで鍋などを使います。
焼く前にこの石は下処理が必要です。
Amazonのレビューでは石の周りに油でコーティングされているそうです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_Amazonレビュー抜粋/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
Q1:何故、石に油を付けてるのでしょうか?
→油を付けているのではなく 天然の石、雨花石という石を研磨油紙で角を丸くした後に、精製水にて、洗浄し、乾燥した後に
 製品包装をしていますが、表面に天然のミネラル成分と研磨の際にの油が残存・固着している場合があります。 
Q2:こちらの商品に付着している油の正体は何ですか?
→研磨油紙で使用している油になります。
Q3:食材に付着したこの油を食べても問題ないのでしょうか?
→食品衛生上、問題のない素材・加工機械を使用しております。
 もし表面からにおいなどが発生する場合は、食器洗い用洗剤での洗浄やお湯と重曹などで洗浄していただければ
 徐々に緩和されるものと考えております。 
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
とのことですので、まずは妖怪小豆洗いにならないといけませんな。
20180107_05
台所で桶に石を開け、普通の食器洗い用洗剤で3度ほど洗いました。
20180107_06
その後天日で1日乾燥。
20180107_07
ストーブの上で30分ほど軽く乾燥させたら芋を投入。
20180107_08
今回は安納芋を使いました。
ストーブで1時間ほどほっておいたら石焼き芋特有の甘い匂いが部屋に立ち込めます。
スーッっと串が芋に刺さると火が通った証拠です。
20180107_09
でもって出来上がりはこんな感じ。
20180107_10
美味しそうでしょ!
とまぁ特に焦げることなく全体がしっとりした甘い石焼き芋が完成いたしましたね。
石焼き芋も奥が深く、加熱する温度と時間で甘みが変化するそうですね。
これは、サツマイモ内のβ-アミラーゼという酵素により、デンプンが麦芽糖に分解されるからです。
β-アミラーゼが一番活発に働く温度は約70℃とのことなので、その温度をキープすればするほど甘くなるとか。
面倒くさかったらストーブに1時間ほどほっておいても美味しい石焼き芋はできるのでお手軽ですよ。
とまぁ理屈は抜きにしても石焼いもは美味しいしいですね。
炭水化物なのであまり食べ過ぎで太らないように気をつけないといけませんな。、
その分ご飯の米粒減らさないと・・・orz

今更の購入だけどすんごく便利! – 「Original Xiaomi Mi Robot Vacuum 1st Generation」 レヴュー

やぁやぁ、ディヴァさんでっす。
1月も少し過ぎて皆さん正月気分も抜けた頃ではないでしょうか。
私事ですが毎日妻と一緒に病院へ赤ちゃんの母乳を届けることをやっております。
でまぁ、バタバタしてくると家の掃除もおろそかになってしまいます。
なんか解消できないかなぁと思ってました所、年末にお得な情報がありましたので
あるものを購入してみました。
お得な情報と言っても、ブラックフライデーとかサイバーマンデーとかの絡みなんですけどもね。
さて、今回は日々のお掃除を便利にするアイテムのお話です。
んまぁ、完璧にキレイになるってわけでもないんですけども、
表面上はかなりキレイになっちゃうよってやつです。
それが今回の「Original Xiaomi Mi Robot Vacuum 1st Generation」ですよ!


んーってなわけで、ロボット掃除機みていったんですけも、だいぶキレイになりますわね。
あんだけ取れるってことは・・・掃除をサボってたってこともバレちゃうかな、(๑´ڡ`๑)てへぺロ♡
一先ず、赤ちゃんに猫の毛が心配ですので、ロボット掃除機でカバーできない隅っこの方や、
ロボット掃除機が入り込めない場所は必ず人力でやっていかないといけませんねぇ。
それプラス、フローリングなんかはモップ掛けたりとかね。
でもまぁとりあえず、すごく楽ですね。
目に見えるところはパパパッっとやってくれますし。
スマホアプリを使えば外出先から帰るまでに掃除しといてって設定出来ます。、
ルンバでは上位機種に搭載のマッピング機能もついているので、
ビリヤードのボールみたいガンガン壁に当たりながらランダム走行ではなくて、
コンパクトに素早くサササッと短時間で掃除をこなしてくれるすごくいいロボット掃除機ではないかと思います。
ロボット掃除機の走行軌跡をみれるのも便利ですね。
その他、中国語喋ってたんですけども、音声パックを設定すれば別にお金をかからずとも変更できます。
中国語の他に1つだけ女性の英語音声がありますので日本人には中国語よりもわかりやすいですね。
総評としてはお値段以上の買い物ですね。
Xiaomiの第2世代のロボット掃除機は拭き掃除もできるそうなんですが、
それが7万円台かなぁ、日本円で。
今回の第1世代はサイバーマンデーで3万切ってるんですよねぇ、送料込みで。
ロボット掃除機は一杯有るんですけども、あえて中国製品を選んでみたんですがすごく良かったと思います。
毛足の長い絨毯も絡まらずに掃除できたのがすごく感心しました。
てなわけで今回のXiaomiのロボット掃除機如何だったでしょうか。
みなさんもXiaomiに限らずいろんなロボット掃除機がありますので、購入して見てください。
ホコリなんかは小さいお子さんいらっしゃるところではハウスダストの原因でもありますからね!
日々掃除するってことはすごく大変で大事な作業ですが、
少しでも掃除の手助けになると毎日に余裕が持てますよ!