暑さにチキショー!ってならない用意をしませう – タカショー リビングシェード モカ 183×600cm レヴュー

鉛色の空に涼しい風でウキウキなディヴァさんです。
今日はやっといい感じのシェードを購入してみましたよ。
呼び方としては他にもオーニングとか言いますが、要は夏日に日陰を作る布って感じかねぇ。
屋外、それも軒先で使うようなよくあるタイプは、
大体2mx2mサイズぐらいのが一般的なんでしょうかねぇ。
今回のは1.83mx6mでマンションのベランダをほぼカバーできるサイズで値段も手頃だったやつですにょ。
それがこの、「タカショー リビングシェード モカ 183×600cm」なのです。
20140624_01

だいぶ前にグリーンカーテンってのを作ってみたのですが、見事に失敗しました。
秋に植物が枯れてくるとネットに絡まったツルを剥がすのもかなり大変したっけねぇ、(;゚◇゚)・;’.、・;’.、ゴフッ!!!
きちんとやればほんと涼しいんでしょうけども・・・、
植物と向き合うのってある種センスが必要ですねぇ、∑(;谷)
いい経験だった、ウンウンッw
今回のシェードの生地はポリエチレン製ですな。
そうそう、量販店やDIYショップで色々とシェードになり得るシート探してた時、
候補に上げた一つに防草シートがあります。
防草シートってのは読んで字のごとく、
地面に敷きその上に砂利などを巻くと草が生えにくくなるシートなんですけどもポリプロピレン製が多いですな。
ポリプロピレン製のシートだと単価が安いのですけども、
地面に敷く目的が多いからなのかお色は真っ黒が多く、たまに緑のも。
仮に真っ黒でもベランダの格子部分ならいいでしょうかねぇ。
ですが上部からシートを垂らし、本格的に真夏日を遮っているのをマンションの外から見たら・・・。
う~む、犯罪現場みたいで・・・ちょっとねぇ~∑(;谷)
緑だったらまぁ、小洒落た喫茶店のシェードとかにあったりする色だろうけども。
あと、ポリエチレンとポリプロピレンだと前者のほうが日光や雨などによる耐候性に強いとのこと。
詳しくはこちら参照
よって防草シートは候補から除外。
また、最近では100均などにもよしずの他にシェードがあったりします。
サイズは80cmx88~120cmぐらいで一応それなりに日光を遮るポリエチレン製。
ベランダ全体をカバーするとなると一つ一つをくっ付けるのも難儀かもしれませんなぁ。
そして、メッシュが少々粗めなのと布の薄さが気にかかります。
触感を例えるなら買い物袋を繊維にして織ってあるって感じでしょうかねぇ。
今回のシェードの厚さはそれの倍ぐらいあり、繊維一本一本も少し固めで丈夫な印象。
触ってみた感じでは麦わら帽子ぐらいの印象でしょうかなぁ。
ってことで、餅は餅屋がいいだろうから、結局ちゃんとしたシェードの中から候補を探したんですな。
でもポリエチレンだから必ず安心って訳でもないかもしれませんが、この商品は3年保証なんですよ。
20140624_02
通常使用で万一敗れてもあんすぃーん!!\(^o^)/
他社の類似商品はこういった保証がついてくるかどうかは分かりませんけども、
株式会社タカショーってメーカーさんがリリースしているシェードには1~3年の保証が付いてるのが多いですねぇ、o(‘e’)ノ
んまぁ、ワンシーズンで ( ‘∀’)っミ■ ポィッ って感じじゃなくキチンと扱えば3年は安心!
・・・ってことで今回はなるべく低価格で涼しくなる!(なってほすぃw)アイテムの購入ってわけでごんす。
今回、お色はモカってのを購入しました。
他はベーシュがありますが、夏の酷暑を考えると、
なるべく太陽からのスッペシウムな光線を遮断、吸収する方向でチョイス。
真夏になると、家の中が暗くなるからぁとか以前に、
「もう、この暑さをどうにかしてくれ~ぇ!∑(;谷)」ってのが先に来るはずですからねぇ。
モカといっても黒とカフェオレカラーのツートーン。
それを遠目に見るとモカになるモカぁw
メッシュの具合は指で触れてる部分がわずかに隙間がありますな。
紐を通したりする四角い穴のところはちょっとだけ隙間が多い感じ。
20140624_03
手触りは防草シートと殆ど同じ
ハトメなんかの穴は空いていません。
つまりカメラのフィルムみたいに四角い穴が上下に6m続く感じですねぇ。
ベランダに固定するにはこのメーカーが推奨する付属アイテムを購入するか、己のアイデアで勝負!!
どうしてもハトメを作りたいのなら工具とかヒモなんかを100均で購入してきたらいいかもねぇ。
今回私が設置するにあたり保証の兼ね合いもあるので基本的に切り貼りはせず、
突っ張り棒とワイヤー入りテープで固定する感じですわな。
どちらもダイソーで購入できるやつ。
ベランダが散らかっているので一部しかお見せできませんがビホーはこんな感じ。
20140624_04
アフターはこんな感じ。
昼間、外からはまず家の中の視認出来ないと思います。
夜間でも結構わかりにくい素材の厚さと色味ですな。
20140624_05
さすがに2枚重ねの部分だと昼夜問わず視認は不可能だわなw
高さが1.83mなので折り曲げて100均の園芸コーナーにあるようなワイヤー入りテープで結んでおります。
手すりの部分はこんな感じ。
これからの季節、台風なんかも考慮すると、
台風前にさっと外せる方がもしもの強風によるダメージを防げると思います。
20140624_06
2重にした部分は爪楊枝のようなもので繊維に隙間を作ってワイヤー入りテープで結束。
20140624_07
余った部分は突っ張り棒で固定。
これってマンションベランダの避難用蹴破り戸のところですけども、
蹴破る板の箇所ではなく、横に伸びる鉄のフレーム沿うよう突っ張り棒を設置。
その他にはHDDをバラして出てきたネオジム磁石でフレームに固定。
外から殆ど見えない部分だからこれでええんよ。
20140624_08
ベランダの排水パイプがち~とばかり邪魔だった
今まで話に出してませんでしたが、今回の目的のもう一つはタバコの煙問題の解消、ヽ(`ロ´)ノ
嫌煙家のマンション住まいの人には結構切実な問題なはずです。
シェード設置後、隣家と隔てる避難用蹴破り戸にある隙間から、
隣人のものと思われるタバコの煙とか匂いとかを防ぐのにある程度効果を発揮できましたよ!
もひとつ言うと下の階のク●オヤジが吸うタバコの臭いも軽減できました!!
今まではベランダの格子の隙間からジャンジャン煙が来てたのかと思うと、
嗜好品でありながらホント、周りに迷惑をかけるもんですよねぇ、タバコって。
麻薬やマリファナと一緒に法律で規制してもらいたいもんですわぁ、ヽ(`ロ´)ノ ヌワーン
夏日に涼しい風を通そうと思っている時にタバコの臭がするとかなり苛つきますからねぇ、×(`ロ´)×(`ロ´)ノ ヌワーン
食事中とかに煙が来ると・・・まぢで殺意が湧きそうですわ、耐えるけどw
暑さでもイライラしてんのに近所迷惑考えろってーの!ヽ(`ロ´)×(`ロ´)×(`ロ´)ノ ヌワーン
さてさて、晴れ間が出たので気を取り直して性能チェックをしてみましたよ。
このシェードで出来た日陰と日向のコンクリートの温度を手触りで比べると、
当然ながら日向は暖かく、日陰は冷たかったですねぇ。
ホントは温度計で測ったほうがいいんでしょうけどうちにはんなもん無いザンス、(◎∀◎)ゲハハハハ八八ノヽノヽノ\
とはいえ、夏場のコンクリートって夜になっても蓄熱してて一向に部屋の中が涼しくなりにいくですな。
それを抑える事ができるって事は、夏に向けて期待が出来る商品じゃないでしょうかな、(‘e’)b
あ、そうそう!
もう一枚あるシェードは本当の酷暑のときにベランダの天井から垂らそうかと思っております。
今はまだその時期じゃないのでねぇ。
そん時にまた記事にしてみたいと思いますよん、\(^o^)/
株式会社タカショーさんのシェード紹介ページはこちらから
遮光率や色、布の広さ、ハトメ穴の有無などタイプは様々なので、
ご自分のスタイルに合うようよく吟味した方がいいですねぇ。
紫外線、UVカット率:約85%、遮光率:約85~90%。3年保証
 
    モカ        ベージュ
紫外線、UVカット率:約85%、遮光率:約85~90%。3年保証

   グリーン
遮光率約70%。3年保証
 
   ブラウン      アイボリー
次の暑さ対策グッズの狙い目はこれかすらねぇ、(゚皿゚) シシシシシシ!!
 
ミストで空間から涼しく!ってやつですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です